FC2ブログ
プロフィール

テラピィ

Author:テラピィ
消しゴムはんこ作家兼Tシャツ賛歌(http://www.tshirts-sanka.com/)というTシャツ屋の店長です。
鉛筆やペン、消しはんでオリジナルキャラクターの女の子まりの世界を創作しています。
女の子や動物、花など、とにかく可愛らしいモチーフが好きです。
ロックも大好き!
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中♪

はんけしくんインストラクター

多機能カレンダー

07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

テラピィの本棚

カテゴリ

最新記事

Niku Q Counter

リンク

QRコード

QRコード

お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

FC2ブックマーク

ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2010 スピッツ

2010.08.07 23:45|ライブレポート
だいぶ日も傾いてきて涼しくなってきた18:00にスピッツが登場しました。「放浪カモメはどこまでも」で、ガツンとロッキンにスタート♪この曲はライヴバンド、スピッツの本領発揮の1曲でオープニングにぴったりです。一転、「どうも~スピッツです」と相変わらずのほほんとしたマサムネのMCに続いて、いきなりのクライマックスとも言える「チェリー」が披露され、オーディエンスの手がひらひらと揺れました。

初期の夏ソング「夏の魔物」はテツヤのギターソロが個人的に好きです。彼のギターソロは決してテクニック一辺倒ではなく、印象的なフレーズが多いと思います。続いて、CDとしては最新シングル「つぐみ」が演奏されました。1stアルバムの曲と20年近く経った最新曲と新旧を取り交ぜて演奏しても全く不自然に聴こえないのは、いかにマサムネの作るメロディが普遍的なものかを物語っていると思います。

MCでは突拍子もないことを言い出すマサムネですが、今回もいきなり「スピッツはロックバンドです!」と、ファンなら何を今更という宣言が!なんでも「コール・アンド・レスポンスのようなものがなくて憧れている」とのことで、「別れても~(別れても~)」「好きな人~(好きな人~)」と「別れても好きな人」のサビでオーディエンスとコール・アンド・レスポンス成立にご満悦な様子のマサムネなのでした(笑)

ちょうどワールドカップ開催中にCMで流れていた話題の配信シングル「ビギナー」に続いて、フェス恒例カヴァーコーナーでは、大沢誉志幸の「そして僕は途方に暮れる」という曲を披露。正直知らない曲だったのですが、オリジナルかと思うくらいスピッツ節になっていました。なんでも高校のころからカヴァーしていたのだそうです。続いて、夏の定番曲「渚」が演奏されました。すぐ隣に海岸が広がる海浜公園は、この曲にぴったりのシチュエーションです。

キャッチーなリフが炸裂する立て揺れナンバー「トンガリ'95」ではオーディエンスもノリノリになり、間髪いれずにイントロの歪んだベースが印象的な「けもの道」でさらにロックバンドとしての真骨頂を見せつけ、一気にクライマックスに達しました。そして余韻に浸るような「空も飛べるはず」で大団円を迎えました。

スピッツのライヴは、いつもあっさりとあっけなく幕を閉じます。それは控えめながら、いつの間にか僕らの心に色褪せない歌を届けてくれるバンドのたたずまいを表しているのだと思います。

1.放浪カモメはどこまでも
2.チェリー
3.夏の魔物
4.つぐみ
5.ビギナー
6.そして僕は途方に暮れる(大沢誉志幸カヴァー)
7.渚
8.トンガリ'95
9.けもの道
10.空も飛べるはず


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しております♪1日1ポチしていただけるとランキングがあがりま~す!

Tシャツ賛歌
↑ちょっぴり楽しいTシャツ賛歌サイト♪

ヒノデワシ株式会社
↑消しゴムはんこを彫るなら、はんけしくん♪

テラピィ on Twitter
↑日々のなんてことないことをつぶやいてます♪

関連記事
スポンサーサイト



テーマ:ライヴレポ・感想
ジャンル:音楽

ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2010 エレファントカシマシ

2010.08.07 23:02|ライブレポート
毎年恒例のロック・イン・ジャパン・フェスティバル。今年は2日目に行ってきました。

一番暑いと思われる15:30に登場したのは、エレファントカシマシ!いきなり「ファイティングマン」でギアをトップに入れ、ガツンとかましてくれました。広いグラス・ステージを端から端まで走り回り、指差し、お尻ペンペンなど豊かなパフォーマンスでオーディエンスを煽るみやじ。続く「幸せよ、この指にとまれ」ではアコースティック・ギターを掻き鳴らし、爽やかに聴かせてくれてました。

静かに盛り上がる「俺の道」では、みやじが成ちゃんの帽子を奪って被りしばし歌いました。やはり盛り上がる人気の「悲しみの果て」に続いて、みやじが「歌詞が面白い曲です!」と紹介して「デーデ」を演奏。「稼げ!」とか「俺にも稼がせろ!」と我々オーディエンスに語りかけ笑いを誘っていました。

個人的には、この後の「暑中見舞い-憂鬱な午後-」と「かけだす男」の2曲が久しぶりに聴けて嬉しい驚きでした!ライヴでの「暑中見舞い」はラストの「ダダダダダダダダッ!」というみやじのシャウトでピタッと終わるところが最高にかっこいいです!「かけだす男」は「別れた彼女によりを戻そうって会いに行くときに作った歌です」と制作秘話を披露していました。

しんと静まった会場に凛とした歌声が響く「リッスントゥザミュージック」では、みやじの歌の上手さをしみじみと実感しました。次に、先月の野音で最後に披露された新曲「いつか見た夢を」が登場。最近の流れを汲むキャッチーなロックナンバーで、10月の発売が楽しみです。

今やなくてはならない“約束の歌”「FLYER」がヘヴィに鳴らされ、さらに必殺の「ガストロンジャー」のイントロが流れると、オーディエンスの熱気も最高潮に達し、無数の拳が挙がりました!これで終わりかと思いきや、「応援ソングです!」と「俺たちの明日」をやってくれました。最後にみやじがボタンを飛ばしながら、白シャツをはだけさせてステージを去り、ライヴ終了となりました。

やはり、地元で観るエレカシは格別のものがあり、野音とはまた違った開放感に最高の気分でした♪

1.ファイティングマン
2.幸せよ、この指に止まれ
3.俺の道
4.悲しみの果て
5.デーデ
6.暑中見舞い-憂鬱な午後-
7.かけだす男
8.リッスントゥザミュージック
9.いつか見た夢を
10.FLYER
11.ガストロンジャー
12.俺たちの明日 


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しております♪1日1ポチしていただけるとランキングがあがりま~す!

Tシャツ賛歌
↑ちょっぴり楽しいTシャツ賛歌サイト♪

ヒノデワシ株式会社
↑消しゴムはんこを彫るなら、はんけしくん♪

テラピィ on Twitter
↑日々のなんてことないことをつぶやいてます♪
関連記事

テーマ:ライヴレポ・感想
ジャンル:音楽