プロフィール

テラピィ

Author:テラピィ
はんけしくんインストラクター兼
ちょっぴり楽しいTシャツ賛歌店長。
カエルのそーたろーと仲間たちをはじめ、前髪ぱっつんガールまり、みこなどのキャラクターを創作しています。
人間や動物、花など、とにかく可愛らしいモチーフを彫るのが好きです。
鉛筆やペンを使って絵を描くのも好き♪
そして、ロック&ライブジャンキー!
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中♪

はんけしくんインストラクター

多機能カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

テラピィの本棚

カテゴリ

土の中で待て命の球根よ!

最新記事

Niku Q Counter

リンク

QRコード

QRコード

お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

FC2ブックマーク

エレファントカシマシ ファンクラブ会員限定スペシャルライブ COTTON CLUB

2010.08.10 23:38|ライブレポート
8月9日、エレファントカシマシのファンクラブ会員限定スペシャルライブに行って参りました。これは新曲のPV撮影を兼ねた60分ほどのライブに会員の中から約120名を招待するというもので、ダメ元で応募したところ、ラッキーなことに当選してしまったのであります!

会場は初めて行く丸の内にあるCOTTON CLUBという所謂ジャズの聖地で、こじんまりとしたなかにも上品な大人の雰囲気漂う空間でした。そこに新・文豪Tシャツを着て行ってしまった僕は軽く浮いていたわけですが(笑)、ライヴは60分どころか、アンコール含めがっつり13曲約1時間20分も演ってくれた本域の素晴らし過ぎるライヴでした!

場内は全席着席で、ステージとフロア席は一段低くなっていて、通路を挟んで壁際にもソファ席などがありました。カメラが何台もスタンバイしていて、僕はステージ向かって左側のソファ席に座りました。配られたカードを見て「うわ、こんなに演るんだぁ」などとひそかに興奮していると、「お願いします!」という声とともに後ろから出てきたメンバー4人が目の前の通路を通ってステージに上がりました。

あまりの近さにあっけに取られている間に、みやじの控えめな「イエ~イ」でライブがスタート。なんと1曲目は、「夢を見ようぜ」でした!かつては野音のオープニングなどでお馴染みだったこのナンバーも聴くのは数年ぶりです。まさにこれから「みんなで夢を見ようぜ!」と歌われているようで嬉しさがこみ上げてきました。「久しぶりに4人で演ります」と言って始まった定番曲「悲しみの果て」は、「ワン、ツー」という張りのあるみやじのカウントが生声で聴こえてきて思わず涙腺が緩みました。いつもはお馴染みゆえ、さらっと聴いてしまうのですが、今回は「この曲からファンになったんだよなぁ」としみじみとしてしまいました。

続く「太陽ギラギラ」も久しぶりに聴く曲で、野音や夏フェスでの流れで済ますのではなく、わざわざこの日のためにきっちりとリハーサルをして臨んでくれているんだというバンドの真摯な姿勢が伺えて感動し、間近に聴くその迫力ある演奏に圧倒されました。なにしろドラム、ベース、ギター、そしてヴォーカルが鼓膜にビリビリと響いてくるのです。「ここで素敵な方たちを紹介します。いや、みなさんも素敵ですけど、ここでは違います」と笑いを誘い、蔦谷さんとミキオさんを呼び込み、いつものエレファントカシマシ"エス"になり、「もしも願いが叶うなら」を披露。これもまた心憎い選曲でした。

そしてこのライブのメイン、新曲「明日への記憶」が満を持して演奏されたのですが、驚いたことに野音、ロック・イン・ジャパンなどで披露された2曲ではなく、まったくの未発表曲だったのです!「野音でも歌うのを我慢した自信作」とみやじが誇らしげに紹介したように、ここ最近の分かりやすい応援ソングとは一線を画す日常の風景を切り取ったような重厚な叙事詩に仕上がっていて、アルバムが出たら核になる曲だなと直感しました。一転、「蔦谷さんと初めて作った曲です」とキャッチーな「笑顔の未来へ」では大分緊張がほぐれたお客さんが手を叩き乗っていました。

一呼吸おいてアコギに持ち替え、おもむろに弾き出したのは「珍奇男」でした!「くぅ~っ、この空間でこの曲が聴けるとはっ!」と誰もが心の中で快哉を叫んだであろう痛快な選曲でした。滝のような汗を滴らせながら歌うみやじは、改めて天性の歌い手なんだと実感しました。2曲目の新曲「歩く男」は、野音でも演奏されたファンならニヤリとする「~男」シリーズの最新作で、「明日への記憶」のカップリングだとか。さらに野音の最後やロック・イン・ジャパンでも演奏された新曲「いつか見た夢を」も披露されました。どちらも2回聴いただけでもサビを覚えてしまうようなキャッチーなナンバーです。

そして次も驚きの「イージー」が登場。聴くのがいつぶりか分からないくらいのスペシャルな選曲で、本当に贅沢な内容に頭がふわふわしました。バンドは一気にクライマックスに突入すべく、こちらはお馴染み「FLYER」を投下!巨大な音の塊が顔面に飛んでくるような大迫力。そのまま間髪入れずに予定された最後の曲「ファイティングマン」に雪崩れ込みました。みんな着席したまま精一杯手拍子しました。演奏後、また目の前を通って帰って行ったのですが、トミが隣のテーブルの男性の前にリストバンドをそっと置いていきました。そのさりげない優しさに痺れました!

「夢よ終わらないでくれ~」と大きな拍手が鳴り響くなか、バンドは再び戻って来てくれて、アンコールと言えばこの曲!「花男」を渾身の力で演ってくれました。そしてメンバーが退場し、BGM「絆」が流れ終演となりました。本当に夢のようなひとときでした。なによりも会場の大きさやオーディエンスの人数など関係なく、全身全霊で音楽を届けるんだという本当のプロフェッショナルの姿が見れて嬉しかったし、改めてエレカシを好きでよかったなぁと頼もしくも感じました。今年の運はもはや使い果たしたのではないかと思えるような、幸せがこの指にとまった1日でした。

1.夢を見ようぜ
2.悲しみの果て
3.太陽ギラギラ
4.もしも願いが叶うなら
5.明日への記憶
6.笑顔の未来へ
7.珍奇男
8.歩く男
9.いつか見た夢を
10.イージー
11.FLYER
12.ファイティングマン
13.花男(アンコール)

エレファントカシマシ ファンクラブ会員限定スペシャルライブ エレファントカシマシ ファンクラブ会員限定スペシャルライブ


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しております♪1日1ポチしていただけるとランキングがあがりま~す!

Tシャツ賛歌
↑ちょっぴり楽しいTシャツ賛歌サイト♪

ヒノデワシ株式会社
↑消しゴムはんこを彫るなら、はんけしくん♪

テラピィ on Twitter
↑日々のなんてことないことをつぶやいてます♪

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想
ジャンル:音楽

コメント

はじめまして

はじめまして。ハチべぇと申します。
時々、読ませてもらってます。
忙しくて自分のブログも更新できない有様ですが、
久々伺ったらなんだか素晴らしいライブの疑似体験ができたようで、楽しくなってコメントしてしまいました。
たくさんライブに行かれてて羨ましいです。
またライブの感想と、かっこいいハンコ待ってます。
また来ます。

>ハチべぇさん

はじめまして!コメントありがとうございます。

ハチべぇさんはエレカシと同じ東京出身なんですね!一度赤羽に行ってみたいなぁなんて思います。
ライブレポート読んでいただいてありがとうございます!楽しんでいただけたようで嬉しいです☆

ゆるゆると更新しますので、また遊びにいらしてくださいね!
非公開コメント