プロフィール

テラピィ

Author:テラピィ
はんけしくんインストラクター兼
ちょっぴり楽しいTシャツ賛歌店長。
カエルのそーたろーと仲間たちをはじめ、前髪ぱっつんガールみこ、まりなどのキャラクターを創作しています。
人間や動物、花など、とにかく可愛らしいモチーフを彫るのが好きです。
鉛筆やペンを使って絵を描くのも好き♪
そして、ロック&ライブジャンキー!
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中♪

はんけしくんインストラクター

多機能カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

テラピィの本棚

カテゴリ

土の中で待て命の球根よ!

最新記事

Niku Q Counter

リンク

QRコード

QRコード

お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

FC2ブックマーク

吉井和哉 Flowers & Powerlight Tour 2011 Zepp Tokyo

2011.04.29 00:25|ライブレポート
4月25日、Zepp Tokyoが今回のツアー初の東京公演となった。本来ならば、4月5日の新木場studio coastに続いて2回目になるはずだったのだが、東日本大震災の影響で東北地方含め予定されていた最初の数本が中止となってしまったためだ。思わぬ形で西日本からスタートしたこのツアーだが、待ちに待った東京公演は、観客の期待を大きく上回る最高のパフォーマンスを見せてくれた。

場内が暗転し、『The Apples』冒頭の“THE APPLES”が流れ出すと歓声が上がる。スクリーンに幾何学模様が映し出されるなかメンバーが登場し、SEがフェイドアウトすると“ACIDWOMAN”のイントロが鳴り響く。吉井もメンバーも黒い衣装で統一している。サビで眩い閃光が走る。そのままアルバムと同じ流れで“VS”へ。小気味良いリズムに合わせてフロアが跳ねる。アニメ風の映像と共に「ありませんか?」「ヤリませんか?」と吹き出しが映し出されると、早くも大合唱が巻き起こる。続いて繰り出されたのは、月曜日なのに“WEEKENDER”だった!これは予想出来なかった。もうクライマックスのようだ。

フロアの熱狂ぶりに吉井も「すごいな」「東京のFLOWERS、元気か~?」と嬉しそうで、新譜が出て初めての東京であることを伝え、ムードのあるライトに照らされて“ロンサムジョージ”を演奏。“イースター”は抑えた演奏でも聴かせる。続いてドラムの激しいビートから始まったのは、“VERMILION HANDS”だ。かなりレアな選曲だが、不思議と違和感が全くない。稀代のROCK STARがフロアを自在に操るさまは、やはり華がある。

MCを挟み“おじぎ草”はじっくりと聴かせる。曲が終わり吉井が少し後ろに下がると、バーニーが歪んだギターをひとしきり掻き鳴らす。すると、ステンドグラスのような、見方によっては土の中に広がる根っこのような映像が映し出され、荘厳なオルガンが流れるなか、静かに「髪の毛...」と“球根”を歌い出す。このとき悲鳴のような歓声が上がった。鬼気迫る表情で歌い上げたこの曲は、間違いなくこの夜のクライマックスのひとつだった。

「We wanna music!」と始まった陽の雰囲気を持つ“MUSIC”が空気をガラリと変える。観客も飛んだり跳ねたり楽しそうだ。映し出された鐘が鳴り出し“クランベリー”に突入すると、一気に会場は怪しげな雰囲気に包まれる。中世の書物に描かれていそうなゴシック風の映像も、曲を盛り上げるのに一役買っている。このメタル組曲は、とてもいいアクセントになっていた。そして間髪入れずに“シュレッダー”へ雪崩込む。緩急自在の選曲が素晴らしい。

さらにここから本編最後までが圧巻の流れだった。キーボードに導かれながら、拳を突き上げて歌い出したのは“ONE DAY”だ。力強く真っ直ぐな歌に会場がひとつになる。余韻を噛み締める間もなく、今度は“Sweet & Sweet”のスリリングなリフが鼓膜に突き刺さる。あまりのかっこよさに鳥肌が立つが、とどめの一撃とばかりに“ビルマニア”が炸裂!最後のサビでは大合唱が巻き起こり、会場が一体となった。

地震直後にはしばらく音楽を聴くことが出来なかったが、あらためて音楽を見つめ直したと言い、「アルバムを出せたことは奇跡かな」と語った。そして、オリコン1位を獲得したことにも触れ、「心の底から喜べないときに1位を取る。そんな人生です」と笑いを誘っていたが、そんな不器用な生き様も含めて、私たちは吉井和哉に魅せられているのだと思った。そして本編最後に鳴らされた“LOVE & PEACE”は感動的だった。奇をてらうことのない詞とメロディに込められたこの普遍的なメッセージソングは、時代を超えて歌い継がれていくべき名曲だ。

吉井がアコギを手に現れたアンコール1曲目“HIGH & LOW”は、軽めの余興のような雰囲気だった。ハーモニカを装着しただけでどよめきが起こるのが可笑しい。そしてメンバー4人は1本のマイク前でコーラスをつける。だが、吉井が間違えて“ワセドン3”を爪弾き、ハーモニカをプーとやる。途中で「ヒーハー!」と合いの手を入れたドラムの吉田は、このあとのメンバー紹介で「ドラムス!“ヒーハー”吉田佳史!」と紹介されていた。続いて「あなたにこの世の全部の幸せをあげる」と言い、イタコソング“CHAO CHAO”へ突入。ジュリーやピンク・レディー、宮尾すすむのフリまで飛び出すアンコールにぴったりの楽しい曲だ。

吉井版UKビートソング“プリーズ プリーズ プリーズ”は、アルバムより数段グルーブ感が増していた。最後のMCでは、予定していた照明が思うように使えず、「パワーライトとかタイミング悪く変なタイトルつけちゃって...普通ライト!Flowers & 普通light Tourだ!」と笑っていた。今回ジュリアンも急きょ不参加となったわけだが、完璧なセットリストも含め、それらアクシデントを全く感じさせることのない完成度の高いショウだった。それはスタッフの努力やメンバーの結束力に加えて、やはり楽曲の持つ力によるところが大きかったと思う。

「東北も必ず行きます。みなさんのパワーを預かって、渡しに行きます」と約束した。そして「もっと咲きましょう、どうもありがとね!」と語りかけ、最後の曲“FLOWER”を歌った。この曲も“LOVE & PEACE”と同じく新たなマスターピースだ。土の中で育った球根から、やっと茎を地上に伸ばして花を咲かせたと考えると、生まれるべくして生まれた曲と言えるかもしれない。

あらゆるタイプのカードを手に入れた吉井は、今や無敵の状態にある。「このツアーはおそらく年末まで続くと思います」と言っていたが、これからライブハウスからホールへと会場を移して、どんな花を咲かせてみせてくれるのか、非常に楽しみである。

SE.THE APPLES
01.ACIDWOMAN
02.VS
03.WEEKENDER
04.ロンサムジョージ
05.イースター
06.VERMILION HANDS
07.おじぎ草
08.球根
09.MUSIC
10.クランベリー
11.シュレッダー
12.ONE DAY
13.Sweet & Sweet
14.ビルマニア
15.LOVE & PEACE
-encore-
16.HIGH & LOW
17.CHAO CHAO
18.プリーズ プリーズ プリーズ
19.FLOWER


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しております♪

Tシャツ賛歌
↑ちょっぴり楽しいTシャツ賛歌サイト♪

ヒノデワシ株式会社
↑消しゴムはんこを彫るなら、はんけしくん♪

テラピィ on Twitter
↑日々のなんてことないことをつぶやいてます♪

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想
ジャンル:音楽

コメント

非公開コメント