プロフィール

テラピィ

Author:テラピィ
はんけしくんインストラクター兼
ちょっぴり楽しいTシャツ賛歌店長。
カエルのそーたろーと仲間たちをはじめ、前髪ぱっつんガールみこ、まりなどのキャラクターを創作しています。
人間や動物、花など、とにかく可愛らしいモチーフを彫るのが好きです。
鉛筆やペンを使って絵を描くのも好き♪
そして、ロック&ライブジャンキー!
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中♪

はんけしくんインストラクター

多機能カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

テラピィの本棚

カテゴリ

土の中で待て命の球根よ!

最新記事

Niku Q Counter

リンク

QRコード

QRコード

お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

FC2ブックマーク

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吉井和哉 さんじとおまつ 後編

2009.07.10 23:01|ライブレポート
吉井和哉 さんじとおまつ

前回のつづき。
“ONE DAY”のあとMCを挟んで披露されたのが、“恋の花”のオリジナル・バージョン。アルバム「39108」収録のバージョンはシンプルな弾き語りのさらっとした印象の曲ですが、バンドで演奏されたこのオリジナル・バージョンは、歌詞も演奏もヘヴィな仕上がりでカッコ良かったです。その後、“ルビー”そして“トブヨウニ”と後半に向かってグングンと加速し、“ビルマニア”で本編終了!

アンコールは、「暗い時代の浮かばれない曲」として、“スティルアライヴ”と“発光”が披露されました。レアな“発光”は初めてライヴで聴きました。“スティルアライヴ”は久々だったせいか、歌詞がうろ覚えでやや残念な出来。しかし、「鳥と話したい」なんて確かに暗いし、本人が言うように売れそうにない曲ですが、良い曲だと思います。

気を取り直すかのように、“WEEKENDER”で場内を温め直した後、ベースの三浦が「腹が痛い」と小芝居を始めました(笑)いそいそと腹をかかえて引っ込む三浦。その袖に向かって吉井が、わざとらしく「え?10分かかるの?仕方ないなぁ~実はベース弾ける人呼んであるんだ」というようなことを言えば、登場するのはもうあの人しかいません!そうです!我らが親瓶、廣瀬“HEESEY”洋一がステージに登場です!相変わらずギンギラギンでド派手な衣装に身を包んだザ・ベースマンを目の当たりにしたオーディエンスは騒然となりました。

場内の熱狂ぶりを味わうようにオーディエンスをひとしきりあおった後、始まったのはHEESEYと言えばこの曲、“HOTEL宇宙船”!もうプレイするのが楽しくて仕方がないというように、ブイブイとぶっとい重低音を唸らせながらステージを所狭しとのし歩くロックンロール・ゴリラ!そのシールドがひっかからないように気を配るロビン(笑)やはりTHE YELLOW MONKEY時代からのファンにとっては、この2ショットは感無量です。さらにロック・スター2人が揃ったとあっては、やらないわけにはいかない“ROCK STAR”に突入すると、この日一番の盛り上がりを見せ一気にクライマックスへ!本当に華がある2人だなぁと思いました。嵐のように去っていったHEESEYに完全に持っていかれた感のあるアンコールでしたが、最後に演奏されたゆる~い感じが心地よい2回目の“またチャンダラ”で楽しいライヴも幕となりました。

最後に自慢話を(笑)実はALICE COOPERのライヴのときにHEESEYを見かけて、終演後に思い切って話しかけたんです。その時は1回目のHEEFEST前だったので「HEEFEST行きます!がんばってくださいっ」って言ったら、ニコっと笑って握手してくれたんですよ~ホント気さくないい兄貴といった感じの方で、ますますファンになってしまったのであります。そのHEESEYに2回行って2回とも会えるとは、新木場スタジオ・コーストはワタクシとHEESEYにとって縁があるハコなのね。違うかっ!

なにはともあれ、ツアー「宇宙一周旅行」の東京公演も楽しみであります♪


おしまい。


さんじとおまつ 2009/7/7 新木場STUDIO COAST

1.またチャンダラ
2.フロリダ
3.くちびるモーション
4.ウォーキングマン
5.SIDE BY SIDE
6.魔法使いジェニー
7.CALIFORNIAN RIDER
8.CALL ME
9.シュレッダー
10.ONE DAY
11.恋の花(オリジナルver)
12.ルビー
13.トブヨウニ
14.ビルマニア
<encore>
15.スティルアライヴ
16.発光
17.WEEKENDER
18.HOTEL宇宙船
19.ROCK STAR
20.またチャンダラ(2回目)


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村
↑ロック好き&吉井好きなアナタ、よかったらポチッと押してください♪

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想
ジャンル:音楽

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。