プロフィール

テラピィ

Author:テラピィ
はんけしくんインストラクター兼
ちょっぴり楽しいTシャツ賛歌店長。
カエルのそーたろーと仲間たちをはじめ、前髪ぱっつんガールまり、みこなどのキャラクターを創作しています。
人間や動物、花など、とにかく可愛らしいモチーフを彫るのが好きです。
鉛筆やペンを使って絵を描くのも好き♪
そして、ロック&ライブジャンキー!
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加中♪

はんけしくんインストラクター

多機能カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

テラピィの本棚

カテゴリ

土の中で待て命の球根よ!

最新記事

Niku Q Counter

リンク

QRコード

QRコード

お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

FC2ブックマーク

吉井和哉 TOUR2009 宇宙一周旅行

2009.07.15 21:35|ライブレポート
吉井和哉 TOUR2009 宇宙一周旅行

7月11日12日、吉井和哉宇宙一周旅行というツアーの東京公演、国立代々木競技場第一体育館に行ってまいりました。すでに各地を周ってきていて、東京2日目がツアー最終日でした。ここは元がオリンピックプールなだけあって縦長でかなり広い印象があり、外観も宇宙船のような形なので、宇宙一周旅行という名前にぴったりでした。

両日ともライヴは定刻を15分ほど過ぎたころ、宇宙船がゆっくりと浮上するかのように“ノーパン”でスタート。前半は宇宙空間をふわふわと漂っているような心地良さがあり、後半は一気に加速してワープするような感覚があるこの曲はオープニングに相応しかったです。続いて弾ける“フロリダ”に突入しスクリーンに吉井が映し出されると、白ぶちのサングラスに着物を羽織っているという和洋折衷な出で立ち。こんな素っ頓狂な格好が似合うのは彼しかいませんねぇ。この後“Biri”と“HOLD ME TIGHT”を立て続けに繰り出し、一気にヒートアップ!

MCを挟み“ウォーキングマン”~“ヘブンリー”が演奏されましたが、個人的にはさんじとおまつの時の“ウォーキングマン”~“SIDE BY SIDE”の流れのほうが好きでした。特に“ヘブンリー”は最初のサビで「ヘブンリー↑」と上がるところが好きなんですが、なぜか2日とも「ヘブンリー↓」と下がって歌っていて、余り“ヘブンリー”な高揚感がなかったのが残念でした。若い男女のコーラス隊がいたので、その辺をカバーしてくれるとよかったのになぁと思いました。どうせ入れるなら、リサ・フィッシャーばりのパンチの効いたコーラスで聴いてみたいです。

電気仕掛けのピカチュウを愛おしそうに左手に掲げての“20 GO”では、得意気にお腹のつまみをこねくり回し(2日目は口でつまみを弄ってました。ハレンチ笑)これでもかと「ピカピカチュウチュウ」鳴かせる我らがロック・スターに軽く宇宙空間に突き離されそうになりましたが、曲自体は宇宙っぽくて合っていました。怪しげな教祖様のように「T.M.P」コールを煽る“魔法使いジェニー”に続いて、久しぶりの“MUDDY WATER”が演奏されました。ブレイクするところで初日はギターのバーニーがおまつ(女形)のヅラを、2日目はドラムのトライセラトップス吉田もさんじ(ちょんまげ)のヅラを被らされていたのが可笑しかったです。このあと初日は唯一のTHE YELLOW MONKEYナンバー”ROCK STAR”が披露され、大いに盛り上がりました。

MCで今回のツアーに導入している声や楽器の音に反応するヴィジュアル・エフェクトのことに触れ、静かに始まったのは“SNOW”。今までのツアーで使われた映像は正直微妙なものが多かったのですが、これはセンスもよくかなり効果的でした。ここから“シュレッダー”の流れはすごくカッコ良かったです。やはりこの“シュレッダー”は、さんじとおまつの時の“CALL ME”や今回の“SNOW”のように前の曲と繋げると、より映えるなぁと思いました。続く“ONE DAY”で2階から眺めたオーディエンスの一体感は、広い会場ならではのもので壮観でした。

“恋の花”のオリジナル・ヴァージョンは後半アップテンポになるプログレっぽい構成で、最後にファルセットでなにか歌うのですが、なんと歌っているのか気になりました。歌詞もライヴだと聞き取りにくいので、DVD化の際には、ぜひ歌詞カードを付けてほしいです。“TALI”“ルビー”“トブヨウニ”と後半に向けてぐんぐんと加速し、必殺の“ビルマニア”で本編終了!この曲は今後キメ曲になっていくと思います。

アンコールがまたカッコ良かった!まず「デーーーーーオ!」「デーーーーーオ!」と2回オーディエンスとコール・アンド・レスポンスをし、間髪入れず“PHOENIX”が飛翔。ギラギラと燃える太陽から飛び出してくる不死鳥のイメージが重なりました。続いて11日は“I WANT YOU I NEED YOU”が、12日は“FOR ME NOW”が矢継ぎ早に演奏され、“WEEKENDER”に突入!この曲もすっかりライヴには欠かせないキメ曲のひとつとなりました。ピースフルな“Shine and Eternity”で楽しかった宇宙航海も終わりを告げ、地球に着陸。名残惜しさを煽るキーボードの演奏に乗せてメンバー紹介。そして、地球に戻ってきた喜びを味わうような明るい“またチャンダラ”で終演となりました。12日は最後の最後に「オマケ」として“JAM”が披露されました。バンドバージョンで聴くのは随分と久し振りでしたが、金のエンゼル級の嬉しい「オマケ」でした。


ソロとして5枚のアルバムを作った今、やっとソロの曲だけでライヴを構成できるようになったんだなぁと、今回のツアーを観て頼もしく思いました。さらにどれも一撃必殺と言うべき、THE YELLOW MONKEYの曲も切り札として持っている吉井は、ミュージシャンとして誰もが羨むような円熟期を迎えているのではないでしょうか。ライヴ中、「ガッタガッタ!」や「愛してま~す!」とリスペクトしていた忌野清志郎のような唯一無二のロック・スターになっていくかと思うと、彼のこれからの活動が楽しみで仕方がないのです。


おしまい。


宇宙一周旅行 2009/7/11-12 国立代々木競技場第一体育館

1.ノーパン
2.フロリダ
3.Biri
4.HOLD ME TIGHT
5.ウォーキングマン
6.ヘヴンリー
7.20 GO
8.魔法使いジェニー
9.MUDDY WATER
10.ROCK STAR
11.SNOW
12.シュレッダー
13.ONE DAY
14.恋の花(オリジナルver)
15.TALI
16.ルビー
17.トブヨウニ
18.ビルマニア
<encore>
19.PHOENIX
20.I WANT YOU I NEED YOU FOR ME NOW (12日)
21.WEEKENDER
22.Shine and Eternity
23.またチャンダラ
24.JAM (12日)



にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村
↑ブログランキングなるものにピカチュウ、じゃない、参加中~よかったら押してみてくださいね♪


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想
ジャンル:音楽

コメント

非公開コメント